酵素飲料の作り方

酵素飲料の口コミランキング

酵素飲料は材料をそろえれば家庭で自分で作ることができます。

酵素飲料TOP > 作り方

酵素飲料を作る前に

酵素飲料はネットなどで市販されていますが、自宅でも作ることができます。

酵素飲料作りに必要なものは、10リットルくらいの漬け物樽、白砂糖4キロ、材料4キロ程度、酵素原液少々、ザル、バケツです。

材料には新鮮な野菜や果物、野草などがあります。酵素飲料の仕込みの時期は春または秋になるので、その季節に合った旬のものを使うようにしましょう。

ちなみに、春の酵素飲料秋の酵素飲料をブレンドすると、通年で飲用することが可能となります。

仕込む前には材料をよく洗い、農薬などを洗い流しておきましょう。

酵素飲料の作り方

1.材料を切る

材料を洗ったら、その後、材料を乱切りくらいの大きさにカットします。

葉物など、手でちぎれるものはなるべく刃物を使わずにカットし、細胞を壊さないように気をつけます。

2.材料を混ぜる

カットした材料と砂糖を混ぜ合わせていきます。砂糖は4等分(4キロなので1キロずつ)にし、材料は3等分にします。

まず樽の底に3分の1の材料を入れ、その上に砂糖1キロを入れてざっくり混ぜます。

材料を混ぜるときは素手で行います。手にはヒトそれぞれの常在菌が存在しているので、混ぜるのは酵素飲料を常用する方が行いましょう。

半分くらい混ざり合ったら、醗酵を促すために酵素原料を少量入れます。酵素原料を入れなくても、環境が整っていれば自然に発酵しますが、確実な発酵を促すなら入れた方が良いでしょう。

4. 砂糖でフタをする

等分にした材料と砂糖を次々に混ぜ合わせたら、最後に残った砂糖でフタをします。

酵素は室温20℃以下になるとうまく発酵しないので、約23℃~28℃前後の室温を維持するようにしましょう。

特に秋の仕込みは寒いので、春に比べて発酵しにくい傾向にあります。寒いときはヒーターの前に置いて温めましょう。

材料を仕込んだら、翌日から毎日混ぜ合わせ、空気を十分に含ませるようにしましょう。

5.材料を取り出す

早くて10日、遅くても20日ほどで発酵が始まり、プクプクと泡が立つようになります。

これで一次発酵は完了なので、樽の材料をすべて取り出します。

バケツの上にザルに置き、その上にガーゼをひいてから、おたまなどで材料をのせて濾します。

6.2次発酵させる

酵素原液だけが残った樽を、さらに2週間~1ヶ月間、毎日混ぜ合わせて2次発酵を行います。

下の方に沈殿しやすいので、やさしくゆっくり混ぜ合わせます。

7.保存する

2次発酵を終えたら、清潔なビンに入れて保存します。ビンはなるべく光を通さない遮光ビンを使いましょう。

酵素飲料を入れたら、ビンのフタは使わず、ガーゼで口を閉じます。ビンのフタを使ってしまうと、ビンの中で発酵が進み、ガスが発生して破裂するおそれがあるので注意しましょう。

保存方法は、直射日光が当たらない場所で常温保存します。ただし、夏場の猛暑時は冷蔵庫に入れて保存しましょう。

ベジーデル酵素液

濃縮酵素で短期集中ダイエット! 感動の48時間デルリセット体験。
www.beautyplanning.jp

毎日酵素

自然発酵されたココナツ酵素と厳選された15種類の天然素材
www.mainichikoso.com

オーエム・エックス

20年間世界中でベストセラー! 初回お試しセット1,800円送料無料
www.om-x.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 酵素飲料の口コミランキング All Rights Reserved.